DTP関連の求人は数多くある|業界で活躍しよう

婦人

出版・印刷業界で働く

パソコンを見る女の人

出版業界や印刷業界では、様々な職種の求人が行われています。例えば、編集者、記者、営業マン、グラフィックデザイナー、DTPオペレーター、カメラマンなどです。これらの職種は、出版会社や印刷会社の社員となることを前提とした求人もあれば、フリーランスの立場で仕事の依頼を受ける場合もあります。DTP(デスクトップパブリッシング)は、出版物の原稿制作やデザイン、編集、版下作成などの一連の作業を、コンピュータ上で行うことです。現在の出版・印刷業界では、ほとんどがコンピュータによってデジタル化されています。したがって、DTPに関わる専門技術を持ち、実際にオペレートできる能力のある人材は、安定的に業界からの求人ニーズがあると言えます。

出版業界や印刷業界で、プロフェッショナルとして働いていくには、高度な専門知識と技術の習得が必要です。例えばグラフィックデザイナーであれば、イラストレーターやフォトショップ、クオークエクスプレスなど、DTPに関わるアプリケーションソフトや、フォントなどの知識に精通していることが不可欠です。その上で、時代に合ったデザインセンスがあり、コミュニケーション能力にも優れた人材が、良い待遇での求人対象となり、高い報酬を得ることができるのです。また、いわゆるDTPオペレーターとして職につく場合は、データ入稿するためのレイアウト業務が中心となるため、デザインセンスより、作業のスピードや正確性が求められることになります。